家庭用商品ラインナップ業務用商品ラインナップ

お問合せ お問合せフリーダイヤル:0120-328917

ゴミ袋に関する まめ知識(ゴミ袋と環境問題)

ゴミ袋について > ゴミ袋と環境問題 > 使い方のQ&A

 

●この袋を燃やすとダイオキシンや有毒ガスが心配…
●これからゴミ袋って、どうなっていくんですか?

この袋を燃やすとダイオキシンや有毒ガスが心配…

一般的にダイオキシンは、塩素を含む物質が低温で不完全燃焼すると発生するといわれています。ポリエチレンには塩素が含まれておりませんので、これを燃やしてもダイオキシンは出ません。また、ポリエチレンは完全燃焼すると水と炭酸ガスになり、有毒ガスを発生しませんので一般的には燃やしても問題ない材質であるといわれています。有害ガスを出す心配のないポリ袋は、燃やすゴミの収集袋としてどの自治体でも使われています。

<ページトップへ>

これからゴミ袋って、どうなっていくんですか?

資源循環の点から黒袋の活用場所がふえるのが望ましいのですが、現実としてなかなかそうも行かない中では、もう一つの方向性として「薄くて強い」フィルムの普及が考えられます。十分な強度を確保したままフィルムを薄肉化できれば、その分省資源となります。一見地味ではありますが、材料の量を最小化していくことが今後ゴミ袋の進むべき道であるといえます。

<ページトップへ>

 


総合カタログ