新型コロナウイルス感染防止における弊社対応について

  1. HOME
  2. ニュース
  3. プレスリリース
  4. 環境に優しい「西宮市指定ごみ袋」12種類を発売!

環境に優しい「西宮市指定ごみ袋」12種類を発売!

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
環境に優しい「西宮市指定ごみ袋」12種類

2022年4月から開始される指定袋制度に先立ち、nocoo(ノクー)やバイオマスプラスチック入りのごみ袋を発売

日本サニパック株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:井上充治、以下 サニパック)は、兵庫県西宮市で2022年(令和4年)4月1日(金)より開始される「指定袋制度」に先立ち、環境に優しい素材を使用した家庭用の「もやすごみ」用と「その他プラ」用、事業系の「可燃ごみ」用のごみ袋12種類を1月24日(月)に発売しました。

兵庫県西宮市では、ごみの適正処理及び3R(リデュース、リユース、リサイクル)を推進するために、これまで様々な施策に取り組んできました。そしてより環境によい取り組みとして、家庭や事業者のごみ出しの際に、市が指定したごみ袋を利用することを義務付けた制度である「指定袋制度」を2022年4月1日(金)より本施行します。

指定袋制度では、これまで認められていた黒いごみ袋は使用できなくなり、よりごみの分別が徹底しやすく安全性の高い、半透明や透明のごみ袋に統一されます。

ごみ袋の素材は、製造・燃焼時に発生する二酸化炭素などの温室効果ガスを10%以上削減が期待できる素材が使われます。

西宮市の指定袋制度
西宮市の指定袋制度

サニパックでは、家庭用の「もやすごみ」用7商品、「その他プラ」用3商品、事業系の「可燃ごみ」用2商品を指定袋制度に先立ち1月24日(月)に発売しました。

このうち「もやすごみ」用と「可燃ごみ」用のごみ袋には、サニパックが展開する環境配慮型商品「nocoo(ノクー)」の技術をベースとし、原料に天然ライムストーン(炭酸カルシウム)を配合しております。これにより100%石油由来のポリ袋と比較して製造時、燃焼時のCO2排出量を約20%削減できます。

ごみ袋製造時・燃焼時におけるCO2削減
ごみ袋製造時・燃焼時におけるCO2削減

また、「その他プラ」用のごみ袋には、バイオマスプラスチック10%を使用しているため、カーボンニュートラルの考えで、CO2排出量の削減が期待できます。

「西宮市指定ごみ袋」商品概要

家庭用もやすごみ

家庭用もやすごみ
家庭用もやすごみ

その他プラ

その他プラ
その他プラ

事業系可燃ごみ袋

事業系可燃ごみ袋
事業系可燃ごみ袋

商品の詳細は下記、「西宮市指定ごみ袋」シリーズページよりご確認ください。

西宮市指定ごみ袋

https://www.sanipak.jp/series/nishinomiya.html

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

contact

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-328917

【受付時間】平日9:00~17:00(土日祝除く)